言葉と映像のチカラで「人」「こと」をつなげる広告ユニット・トットロットがお届けする、ひと・ことマガジン

はたらくこと・まなぶこと

採用ご担当者のお悩み別企業の魅力が引き立つ映像活用ケーススタディ

18歳人口の激減により学校側が選ばれる時代となり、学校運営はかつてない厳しい時代に突入しています。「選ばれる学校」になるために重要なのは「自分にあった学校」だと共感を得ること。一方、映像時代の今「映像をどうやって活用したらいいか分からない」という声も多く聞かれます。ここでは、20年以上に渡って学校系プロモーションをサポートしてきた実績を踏まえ、想定ケーススタディ形式で、募集担当者のさまざまなお悩みにアプローチ。学生を集めるための考え方や映像を活用した広告媒体展開方法などを紹介していきます。

case1
企業ブランドを的確に浸透させたい
ターゲット&コンセプト別に映像メディアミックスで展開

1つの映像で企業ブランド全体を見せようとすると、どうしても薄まる。ターゲット&コンセプトを明確化し、映像メディアミックスで複数の演出と構成を展開する。
(例)インタビュー動画、モーショングラフィックス、バラエティ、ドキュメンタリー等

case2
前向きで個性的な人材に出会いたい。
尖った演出で尖った感性にカウンターパンチ!

前向きで個性的な人材は、常に幅広い情報にアンテナを張り巡らせている「尖ったもの
好き。挑戦的なキーワードや演出によって、その感性にいきなりカウンターパンチを食らわせる!
(例)バラエティ、ドキュメンタリー等

case3
人を大切にする社風を伝えたい。
言葉にできない社内の空気を映像で「見える化」

言外のことを伝えられるという点で、映像は非常に有効な手段。見る人に訴えかける映像で「人が全て」を体感的に伝えることができる。単なるインタビュー映像ではなく、例えば社長と新人対談などを通じて人間関係を切り取ることで、言葉にできない社内の空気を映像で「見える化」する。
(例)インタビュー動画、ドキュメンタリー等