言葉と映像のチカラで「人」「こと」をつなげる広告ユニット・トットロットがお届けする、ひと・ことマガジン

まちとひと

第3回撮影レポート:「大切なお話がありまして」【動画あり】

自由に映画を撮ってみよう、ではじまったTEBENTO映画プロジェクト。その名の通り、言葉屋と映像屋と演技屋による手弁当企画です。

川越元町一丁目にあるテーラーだった物件を宿泊施設にリノベする「まちやどYU」プロジェクトの行方を追うドキュメンタリー映画の製作に取り組んでいます。

「大切なお話がありまして」

キキさんの第一声はそれでした。

2019年2月19日、キキさんのお話を聞きに、川越元町一丁目の勢〆酒店へ。

ほどなくして合流したキキさん、心なしか元気がない。

一杯やって、ひと心地ついたところで、YUへ。
YUに着くと、すでにリノベがはじまったようで、天井や壁が一部剥がされていました。

キキさん、壁を示して言います

「そこの穴…見えます? それ隣の家の壁です。壁がないんです」

「柱、下ないのわかります? 基礎がない」

リノベあるあるが次々に発覚。「YUの今の事業収支だと、これを直した場合…」

しんどい、と。

大幅な計画の見直しを迫られたキキさんたち。さあどうする??

プロジェクトメンバーで出した結論は……撤退。

撤退かぁ……。

「メンバーで決めたことですから」……さすがのキキさんも凹んでいました。

その辺りをぶつけてみたところ……。

顛末は、こちらのレポートビデオをご覧ください。